漏電チェックで思ったこと。

昨日の記事の続きです。


昨年末よりお正月休み中漏電工事の依頼が多くありました。

そして、その多くが高齢者のご家庭でした。


漏電が起きた原因で一番多かったのは、埃がたまったコンセントや、老朽化した家電製品やそのコード、建物自体の築年数が40年以上経っており、建屋そのものが老朽化しており配線関係が痛んでいたりなど。


今回心配したのは、もし運悪く何かに着火していたら・・、配線がむき出しになった部分を素手で触ってしまっていたら・・・


とても考えさせられるものがありました。


高齢化社会が加速していることは重々承知のうえですが、安全対策含め、電工社にできることは何かないだろうかと考えています。


漏電による火災は未然に防げる事故だと考えています。


電気工事やさんだからこそできることがあるでしょう。


大分で仕事をさせていただいている電工社だからこそ、大分の地で貢献したいものです。



また、新しいサービスを始めたらホームページで報告させていただきます。


株式会社電工社

代表取締役 尾田し乃


0回の閲覧

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。